映画 おすすめ

今まで1000本以上観てきた映画の中から、厳選して紹介します。映画の素晴らしさを共有できればとても嬉しいです。

今を生きる

1959年バーモントの秋。名門校ウェルトン・アカデミーに1人の新任教師がやって来た。同校のOBでもあるというジョン・キーティング(ロビン・ウィリアムズ)だ。伝統と規律に縛られた生活を送る生徒たちに、キーティングは型破りな授業を行う。「先入観にとらわれず自分の感性を信じ、自分自身の声を見つけろ」とキーティングは、若者たちに潜在する可能性を喚起する。風変わりな授業に最初はとまどっていた生徒たちも、次第に目を開かされ、キーティングへの関心は高まってゆく。中でも7人の生徒たちはキーティングの資料をもとに“死せる詩人の会"を結成し、深夜に寮を抜け出して洞窟に集まり、自らを自由に語り合うようになる。恋をする者、芝居に目覚める者…。皆がそれぞれの道を歩みはじめたかのようにみえた時、ある事件が起こった。そしてその事件をきっかけに、生徒たちは再び学校体制下に引き戻されそうになるのだが…。

 

 

青春映画です。

好奇心旺盛な高校生達と、そしてユニークな先生との物語。

自分もこんな先生に出会えていたら学校もっと楽しかったのかな〜みたいなこと思いました。

 

友達と遊んだり悩んだり、そんな青春時代今思えば良かったな〜。

 

この映画観ると、ついつい感慨にふけてしまいます‥‥。

あの時は良かったって思うのはあんまりよくないって言われるけど、たまにはいいですよね(笑)